珈琲屋を始めてもう35年が経ちました。
早かったような、長かったような、複雑な心境です。

学生時代に初めて触れたコーヒーを生涯の仕事にしようと思うまでにそれほど逡巡したわけではありませんでしたが、あの懐かしい味をそのまま後世に伝えていくことこそが使命だと勝手に思いこんで、浅煎直火焙煎にこだわってここまでやってきました。

おかげさまで、多くの常連の方々には変わらぬ味と、ご新規さんには懐かしい味と誉めて頂けます。その言葉だけで、ここまで続けてこられたようなものです。

既に還暦を過ぎ、人生のほぼ半分を大好きな珈琲と共に過ごせたのですから、私は幸せと言えるでしょう。さらに思いもしなかったことですが、娘が店を継ぐことになり、二重の喜びです。
焙煎、特に浅煎りは、体力、技術力、精神力、集中力が必要な仕事ですので、後どのくらい続けられるかわかりませんが、喜んでいただける方々の顔を想像しながら、まだまだ頑張って豆を煎っていこうと思います。


趣味の川柳のページもよろしければお目こぼしに。
マスターの一日一句
店主のコーナー

モカ店長
一進流珈琲屋店長の原田モカです。 コーヒー好きの父がつけた正真正銘の本名です! そして、今では、35年も続くお店を私が継ぐことになりました。 珈琲本来の味を引き出す浅煎直火焙煎にこだわり続けてきた味を、より多くのお客様にお届けしたいと思っています。 よろしくお願いします。
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら